『TaoZenモーニング・プラクティスとロータス瞑想@関西』 By 酒向泰世  2017-11-11T14:54:21+00:00

「モーニング・プラクティス」とは、呼吸法、気功などのエッセンスを組み合わせたエクササイズです。
無理のない気持ちよい動きですので、朝の始まりにぴったりです。体の軸が安定し、全身の気の流れをスムースにします。
また、心と体のバランスが整い、イキイキとしたエネルギーに充ちていきます。

モーニング・プラクティスの後には、蓮(ロータス)の花をイメージして行う「ロータス瞑想」もご紹介します。
TaoZenの代表的な瞑想法で、初心者の方も行いやすい瞑想です。自然と呼吸が落ち着き、心がゆったりとしていきます。

どうぞお気軽にご参加ください。

【日 時】12月9日(土) 10:30~12:00

【料 金】2,500円(税込)当日会場でお支払いください。

【講 師】TaoZen 公認アシスタントインストラクター 酒向泰世

【場 所】神戸住吉ハウス 神戸市東灘区魚崎北町7-10-2
(JR住吉駅、阪急電鉄魚崎駅から徒歩10分)

【服 装】動きやすい格好

プロフィール

気功・太極拳講師。
チネイザン(氣内臓療法)プラクティショナー。
体調を崩しがちだった10代の頃、東城百合子さんの「自然療法」の本を読み、食やからだについて興味をもち始める。その後、体力づくりのために気功・太極拳始めたが、その奥深さに魅了され、修行し師範となる。楊名時八段錦・太極拳師範。
健康とは何か、人生をよりよく生きるための豊かさとは何かを見つめていくうちに、瞑想に興味をもち、2011年よりTaoZenワークショップに参加。チネイザン、瞑想、気功など学ぶ。2013年チネイザン・プラクティショナー認定。2015年より、チネイザンスクールのアシスタントもしている。
現在、月に一度関西でチネイザン練習会とタオゼンプログラムのクラスを行うほか、地元の岐阜でも気功や太極拳のクラスやワークショップなどのイベントを開催している。

お申し込みはこちらから