『卵巣呼吸法 @関西』 By 酒向泰世  2018-07-31T20:42:15+00:00

 女性ホルモンの源である卵巣について、意識したことがありますか?
卵巣呼吸法(ヒーリング・ラブ)とは、古代から伝わりごく最近まで秘伝として公開されていなかった呼吸法であり瞑想法でもあります。 普段なかなか卵巣を意識することはありませんが、 この機会にぜひご自分の卵巣と向き合ってみてください。
卵巣に微笑みかけ、心を込めてこの卵巣呼吸法を行うと、女性ホルモンのバランスが整い、生理の乱れや生理痛、更年期障害などが軽減される効果も期待されます。 また、心が安定していき、愛のエネルギーで満たされていきます。
今回は、女性限定で少人数での開催となります。
初心者の方も行いやすい内容となっていますのでお気軽にご参加ください。

【日時】8月25日(土)14:00~17:00
【料金】5,000円(税込)当日会場でお支払いください。
【講師】TaoZen公認アシスタントインストラクター 酒向泰世
【場所】神戸住吉ハウス 神戸市東灘区魚崎北町7-10-2
(JR住吉駅、阪急電鉄魚崎駅から徒歩10分)
【持ち物】動きやすい格好(着替え可)

プロフィール

気功・太極拳講師。
チネイザン(氣内臓療法)プラクティショナー。
体調を崩しがちだった10代の頃、東城百合子さんの「自然療法」の本を読み、食やからだについて興味をもち始める。その後、体力づくりのために気功・太極拳始めたが、その奥深さに魅了され、修行し師範となる。楊名時八段錦・太極拳師範。
健康とは何か、人生をよりよく生きるための豊かさとは何かを見つめていくうちに、瞑想に興味をもち、2011年よりTaoZenワークショップに参加。チネイザン、瞑想、気功など学ぶ。2013年チネイザン・プラクティショナー認定。2015年より、チネイザンスクールのアシスタントもしている。
現在、月に一度関西でチネイザン練習会とタオゼンプログラムのクラスを行うほか、地元の岐阜でも気功や太極拳のクラスやワークショップなどのイベントを開催している。

お申し込みはこちらから